ちがうことをなげくよりも、そのちがうことのなかに無限の妙味を感じたい。